Img_7c5b8e5c568afc89cecadc5a2cc1944e
ちょうど 1週間前の 16日は Acoustic Weather Report @萬屋宗兵衞
時間が経っても まだまだ興奮は冷めません。
ちょうど日本中が羽生結弦選手始め、平昌で戦う選手達のpetformanceに湧いていた頃
こちらのライブもとにかく 凄い!としか言いようがありません。
驚きの技の応酬に釘付け、1曲終わるごとに、大きく息をついて拍手!の連続でした。
ピアノのクリヤマコトさん、私の位置から正面からのお顔しか見えませんでしたが
もう鍵盤狭しと駆け巡る高速パッセージ
その個々の音の確かさ、強さ、ピークへと上り詰める力強さは圧巻でした。
そして中央の納浩一さん!
両側より飛び交う音達を受け止める強力なbottomを創りつつリズムを推進!
ソロではウッドベース奏者では見たことがない音驚き の技!
アイコンタクトを取る時以外は目を瞑られたまま、
ただ音のみに集中した中から湧き出る迫り来るソロには大きな拍手!
そしてドラム則竹裕之さん
左側から叩かれる姿を見ることができましたが、
指先の細やかな操作から驚きのバスドラム
キレイに伸びた背筋が一瞬しなり、溜め込んだ力を一気に伝える動き
空に上がったステイックさえも絵になります。
とにかく目から耳からの情報が刺激的すぎる素晴らしいステージでした。
去年のreport でアコースティックのみでWeathet Report にがっつり取り組む
どこらへんがオトコマエかを書きました。
曲そのものに新たな解釈を加えすべて生で表現するからには
人の技の極限まで!もちろん音楽的に
そんな日々挑み続ける強い意思を感じた2年目のAcoustic Weath Report
やっぱりオトコマエのジャズメンでした。
クリヤマコトさん、納浩一さん、則竹裕之さん、素晴らしい時間をありがとうございました。
同じ興奮と感動をシェアくださった皆様ありがとうございました。
いったん東京へ戻られた御三方、またツアーが始まり関西にもこられますよ。 (Click!) 
皆様、是非足をお運びください。
Img_c90c80623c018f2ff78c67dda5100f27
感動の日々、その2はこの人!
冬季五輪に沸く日本ではほとんど取り上げられていませんが、
ノッテルダムの大会でRoger Federer が ランキング1位に帰り咲きました。
打ち立てた記録は
1. Most weeks ( 303 ) No.1
2. The oldest player ( 36 ) No.1
3. Most years since debut ( 14 ) No.1
4. Most years between stints ( 5 ) No.1
1 は、無敵の強さを誇っていた時の数が凄いですから‥
グランドスラムタイトルからも遠ざかっていた時には
この日が来ることは遠い夢でした。
でも2 と3と4は どれほどテニスに固執し テニスを愛し
弛まぬ努力で進化を続けたかという証に他ならないと思うのです。
「これがRoger Federer だ!!」
テニスファンがこの先 この偉業を振り返った時、
こう呟くと思います。同じ時代に生きていて本当によかった❤︎
決勝では勢いのある デミトロフを制し優勝!!
ランキング1位に花を添えました。
ツアータイトルは 97!!
ここまできたら 目指せ100! 行ってもらいましょう^^
Img_802eed08ffa6a74b2fa166eefa907dcb
Img_5c5d6611c85d30a3e4f120acb47ab4ae
日本選手達、本当に凄いですよねー!
先週末は何と言ってもこの人!羽生選手!
ちょうど男子シングルスが始まる数日前
NHKスペシャルの再放送を見ました。
日本中が 怪我の事を心配しながらも絶対やってくれる、と信じ続けた
その願いを背負っての 堂々の演技
「これが王者だ!羽生結弦だ」「異次元の強さです!」
アナウンサーの叫びや、その後の一連の一挙一動
丁寧なお辞儀や右足首に触れる動作
表彰台で飛び上がって音楽に合わせてキメるお茶目なところ
もちろん素晴らしい躍進を遂げた宇野昌磨選手の演技や
羽生選手とやや温度差のある喜びよう、などなど
忘れられないシーンになりました。
民放での解説者 ワンツーフィニッシュに号泣する織田信成さんに対して
「今、解説されてる本田さんもそうですけど、高橋さん、織田さんも含め
そこから繋がっている。
日本のフィギュア界が作りあげたワンツーフィニッシュなんですよ」
松岡修造さんらしい言葉ですね。
本当にそうです。同じように受け継がれた競技が他にも!
目が離せませんね!


Img_01a547af128ef5a6329d0606225f428e
2月14日 今井晴萌 ✖️ 小田千津子 duo 終了しました!
平日にも関わらず たくさんのお客様がお越しくださり嬉しく思います。
本当に本当にありがとうございました。
姫路へ降り立つと、故郷に帰ってきたような気がする、という晴萌ちゃん
西の聖地Laylaでのブロー、今の想いをお腹の底から伝えるようなテナーでした。
ソプラノも空間を自由に飛び回る妖精のよう
あそこまで行きましょう、と誘われるままに応えていたら
その後のソロは捨て身のジャンプをするしかなかったり、
「変なことやり始めたら同じようについてきてもらって
小田さんも変態なんだなあって思いました」と晴萌ちゃん。
なんだか罠にかかってしまったような気がしてなりません^^;
そんな2人の思いっきりの対話 2セットは
The 1st set
1.Stella by starlight 2. Peggie’s blue skylight 3. Spring is here
4. My funny Valentine 5. Spain
The 2nd set
1.Midland 2.All the things you are 3. The Search 4. Travels
5. Bird's eye view encore Through the fire

熱い演奏を引き出してくださった会場の皆様、
いつも写真を撮ってくださるK 先生
お世話になったマスターに御礼申し上げます。ありがとうございました。
Img_b0ba472f58ec3c1ce19abc99d17916ba
Img_3176886464f42026007ea1adfa53ece3
Img_e57f67847ad193363ff3c97d6a969eb7
オリンピック盛り上がっていますね!
メダルを取った選手はもちろん
惜しくもメダルに届かなかった選手も含め
ハイライトシーンはどれもみな
とにかくグッときてしまいます❤︎
涙腺が緩むのは歳をとった証拠ですね^^;
アスリートも悪天候の中頑張っている中、
明日はこちらも挑み続けるテナー
今井晴萌ちゃんと大いに絡みます。
2本勝負のセットはこの日限定曲に春を呼ぶスタンダード
オリジナルにコンテンポラリーなどなど
熱いduo をお楽しみいただければ幸いです。
予定くださってる皆様、どうぞ気をつけてお越しください。
お時間大丈夫な皆様、お会いできると嬉しいです。
よろしくお願い致します。
 (Click!) 
Img_7d76adaacf01191d51023b5d51f85e00