Img_ff0163b650f6fc6cf18d7264ea6d9390
高槻ジャズストリート 2日目です。
今年は 1日目にアコースティックな編成、2日目に電気系統も含めたグループ、、
といった全体の印象‥ ダンゼンその方が PAの音作りもしやすいですよね。
まずは こちらのトリオ 清野拓巳さん(g) 斎藤敬司郎さん(b) 松田'Gori'広士さん(ds)のトリオ
阪急駅前広場は清野さんの宇宙に!
清野さんの膝が曲がり、右手のアップが決まる度 ギアがどんどん上がっていきます。
観客からも大きな拍手
斎藤さん、ゴリさん鉄壁のリズム隊と 3人とは思えない迫力!
アコースティックで、野外で、音的には色々あるはずなのにそんな事を感じさせない
「トリオとは?」を改めて考えさせるステージでした。
Img_28e42fef954cd8ac7b7223345657281d
Img_de0e342293da5f7f37639c11b678e6c5
Img_70ac71da2bc3a780c38537148bdb42a7
Img_30e8d27765993000d06210aef8c60233
そして先日も紹介したODO!やはり聴きたくて♪
古谷光広さん(sax) 大山りほさん(key) 石井孝宏さん(b) 渕 雅隆さん(ds)
羅麗若のMarblemint package 他 キメキメの高難度曲がビシバシ決まっていきます。
ODO はジャズフュージョン、コンテンポラリーの名曲タチ
challenging な曲の数々に譜面起こしからガッツリ取り組んでおられます。
かといって コピーバンドに終わらない、4人の技とサウンド、アンサンブルで魅せてくれます。
曲自体カッコよくてオシャレでキメの入り方も、おお!
やはり先人のセンス、向こうの喋り方は違うなあ、と納得させられ
演奏にも乗せられっぱなしでした♪

Img_0d445a4f9fcbc73a23d4947dbb42c9a5
Img_3df610f2cad5ff486f0a5632f7a39d4e
移動の道すがら、お店に入れない人達が中を覗き込んで聞き入っています。
ご機嫌、ノリノリのべースソロ、、、もしや
そう!Bottom Jack様でした。 BJ克彦さんも色々なステージに大忙し。
ちょうどドアが開き出て来られた方に入れ違いに潜入
女性ボーカル 中林知香さんのグループ、 ジャズファンクなサウンドと
ピュアなヴォイスのヴォーカルの絡みが素敵でした。
どこのどのお店に入っても楽しめるのがジャズストリートの魅力ですね。
Img_1efecf7331d9cb367d598d5d7c4af3d3
Img_c3b891abafe8deeae33bfda6a053f518
そして阪急高槻市駅高架下ステージで KHAMSIN 18
20年以上前 古谷さん、清野さん、ゴリさんで活動されていたグループに
ベース 白石宣政さん、ピアノ、キーボードに柳原由佳さんが加わり再始動!
ずっと聴きたかったグループでした。
コンテンポラリーオリジナル楽曲も素晴らしく
加えて ジャズライブシーンで大活躍の5人のグループ
パフォーマンスも紡ぎだされる世界観も素晴らしかったです。
曲自体は色々な情景や色を感じさせる一方
古谷さんのMCはODO同様 12秒に1回笑わせてもらえるし
高架下の環境、周りのネオン、そんなアンビバレンスが共存
それでも最後は多くのお客様が熱狂して大拍手
これぞ高槻ジャズストリートの醍醐味!を感じさせてもらいました。
2日間 たくさんの刺激をいただきました。
ありがとうございました!



Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする