Img_79e1b597bee7afcaeb33d87a431d5e8c
3日 東川幸嗣カルテット@Born Free終了しました。
日曜夜、雨の中を足をお運びくださった皆様、
本当にありがとうございました。
こちらのHP をご覧くださって駆けつけてくださった方もおられ
本当に嬉しく思っています。
メンバーは他のトリオやユニットで共演を重ねていても
この4人でトランペットフロントで ジャズスタンダードを、となると
全く違った顔を見せて動き方が変わるところが面白い4人です。
例えば、フロントが強烈なコールをしても敢えてレスポンスせず
冷ややかなカウンターを当ててみたりします。
するとそれが周りに直ちに波及し、我慢の時期を経て、、
ストンとオトシドコロで4人が合う‥ そんな瞬間が随所にあったりして
ワクワクが絶えません。
さるライブハウスのマスターがある地方紙のインタヴューで、
ジャズのどこにハマったのかを尋ねられ
「 自立と自由、平等を表現できる音楽だから」多分そう答えておられましたが
自身のポジションを自立し責任をもって守り
選択、表現は自由に、決して誰かが支配的ではなく信頼をもって共同作業を‥
このカルテットでマスターの言葉の意味が少し理解できるようになりました。
前回ライブにお越しくださったお客様が、How insensitiveを演奏した事とかけて
Sensitive 4とこのユニットを呼んでくださいました。ありがとうございます!
Sensitive 4の2度目のライブ、終始集中してお聴きくださった皆様
ありがとうございました。
お世話になったBorn Freeの大塚様、スタッフの皆さま、ありがとうございました。
次回Born Freeでは 4/21 斎藤さん、ゴリさん、小田のピアノトリオにヴォーカルのJunkoさんを迎えます。
ご予定くださいね! よろしくお願いいたします。
Img_62335f1a2ef7af403b996866ee13a54f

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする