Img_3a828e5fcf18a106f5446b8e68a9d3d7
25年目の1月17日を迎えました。
まだまだ鮮明な記憶が蘇る人達にとっては
あっという間の25年だったかもしれません
16日夜の不気味な予感、17日の衝撃
その後も不安と恐怖と、大きな力の前に人の力の無力さを
思い知らされる日々‥
その中から立ち上がった方々すべての 25年の日々があり
今の神戸があります。
尊い生命を失われたすべての方々に心からの哀悼を
今の神戸を見せてくださっているすべての方々
覚悟と決意を秘め 大切な日々を送っておられる方々
再建に尽力する背中を見せてくださった方々に感謝を捧げる
25年目の 1・17です。

Img_c2f813b3c777d45e57996147031c91b8
Img_0a0005376b7b948faff65e82b832eca6
先日、Layla 木曜セッションのベーシスト様が、
「セッション難民、東へ」
と明石のセッションに参加されている様子を投稿されていました。
こちらの彷徨える仲間は西へ
11日、「今日ガレリヤのセッションに行きます」とメール
初めて、地元ガレリヤのセッションに参加し
楽しく演奏させていただきました。
ご一緒くださった皆様、ありがとうございました。
ホストの小林様、お世話になりありがとうございました。

こちらガレリヤ  (Click!)  は昭和初期の銀行を改築
吹き抜けで響きが良いので、クラシック、ジャズ、弾き語りなど
アコースティックコンサートが開催され
東京、大阪方面からもミュージシャンが来られています。
お店のオーナー様は数年前、醤油蔵を使って
現代アートの展示、プロジェクションマッピング、
現代音楽のコンサート等、企画運営されました。
ふるさとの、アート、カルチャーの推進に尽力されています。
お店の通常営業ではカフェ
山と川が一望でき、龍野を訪れた旅人様の憩いの場に。
またゆっくり龍野にいらした折には 是非どうぞ♡

↓ 流浪の民の記念写真です。
またどこかのセッションにお邪魔しますので、受け入れ、よろしくお願いいたします。
Img_a8d9455b586668454f7425777588741b
Img_1bae8f7c3cb88eecf2d7c390d84506a5
Jazz Spot Layla のスケジュールが2月までお休みとなっています。
以下、藤本浩之さんからのお知らせ投稿です。

【おしらせ】

すでにお聞き及びの方も多いとは存じますが、
姫路の老舗ジャズスポット「ライラ」のマスターが病気療養のため
2月いっぱいまでお店を休業することになりました。
その期間に予定されていた木曜セッション及びライブも、
残念ながらすべてキャンセルとなります。

実に50年近くもの間、地元のジャズシーンを創り支えてきたマスターには、
この機会にゆっくり・たっぷり静養していただき、
また元気に復帰してほしいと切に願っております。

なお、時節柄、お見舞い等の面会はなるべくご遠慮くださいとのことです。
皆さんからの励ましのメッセージは、マスターにお伝えしますので、
あたたかい応援を何卒よろしくお願いいたします。
Img_8fe85a594b9cbfe061a30c5c57f85adf
1月13日はマイケルブレッカーの命日
亡くなったのが2007年、もう13年になるのですね。
圧倒的技巧と音楽性、現代のジャズ、フュージョンシーンに与えた影響は測り知れず
その音楽は今なお 多くの指標を示し続けています。
そのマイケルブレッカーの命日に行われるトリビュートコンサート
日本のジャズテナー界を牽引してこられた佐藤達哉さん
マイケルブレッカーとも交友関係にあった佐藤さんと
間違いなく マイケルの音楽に影響を受けられたであろう
素晴らしいミュージシャンとのトリビュートコンサートです。
佐藤達哉(ts) 古川初穂(p) 早川哲也(b) 橋本 学(ds)
日時:1月13日(祝.月) 15:30開場 16:00 開演
場所:石森管楽器B1F イヴェントスペース
一般¥2000 学生、ISHIMORIメンバー ¥1500

このカルテットならではのサウンドと展開で
one &onlyのトリビュートとなることでしょう。
関東の皆様、是非どうぞ!
Img_66b16deb9ef106e4dd8d6bdeb158f161
そしてもうひとつ、かねてから紹介したかったのが‥
画像の佐藤達哉さんのブログです!
ジャズの名盤をピックアップ、独自の切り口で解説くださっているのですが、
まるでジャズ版「レコード芸術」!
ミュージシャン、参加ミュージシャン、エンジニア、時代考証の詳細はもとより
関連アルバム、関連ミュージシャンの推薦盤にまで話が及びます。
よくある世界史や日本史の先生が資料を使って話し始めると止まらない感じ^ ^
こちらは十分楽しいのですが、本題に戻ってアルバム解説が始まると
まるでラジオのパーソナリティの語りを聞いているよう
佐藤さん独特のメタフォーにも乗せられ、その現場にいるような気になります。
何よりプレーヤー視点での分析!これが非常に勉強になるのです。
ソリストや各プレーヤーのアナライズばかりでなく、
曲の中で何が起こっているのか、ソリストのバックでのインタープレーにいたるまで
即興芸術の醍醐味を心理的動きまで追いながら解説くださっています。
名盤の中に残された音は、聴く人の感性に委ねられています。
何に価値を置き、何を得、愉しみ、糧とするかは人それぞれですが、
ジャズ愛好家の方々にはさらなる楽しみと理解を
Jazzと取り組む方々には共感と 新たな気づきが得られるブログだと思います。
皆様、是非ご一読ください! (Click!) 


Img_a8bbb3d11324564fd4745e5f7e011d7f
昨年より続いているオーストラリアの森林火災
心を痛めると同時に、まだまだ猛威を奮う様を
恐怖と共に身守っておられる方多いと思います。
9月ごろより南東部ニューサウスウェールズ州、ヴィクトリア州で相次いだ火災
異常な高温と乾燥により火災が発生しやすい状況が続き消火活動も難航しています。
4日現在で犠牲者は23人、1500棟以上の家屋が被災
焼失した面積は500万ヘクタール
4億8000万の野生動物が犠牲に‥
煙や灰の被害がシドニーにまで及んでいる画像も
キャンベラでも大気汚染は世界で最悪の水準に達しているそうです。
世界中が危機感を募らせすでに多くの募金が寄せられているようですが
数ヶ月続くとされるこの大惨事、長期的な支援が必要ですね。
気になる全豪オープン、選手協議会会長ジョコヴィッチが大会延期を提案するも
主催者側は、影響はないとして予定どおり開催を発表しました。
1月より、自身のエース1本毎に200ドルを寄付すると宣言したキリオスも
大会前にチャリティーエキシビションを呼びかけています。
賛同、協力者は多いと思いますが、集まる全ての人達に大事なく 大会が運ぶ事を祈るばかりです。

日本で取り上げられる事が少ないニュースですが
目を向けないといけない事を改めて考えさせられます。
「オーストラリアの森林火災は地球の未来を予言している」
 (Click!) 
Img_72d02cb8d5eea2eda290624ca8798505